僕はふーぞくビンボー「 赤線 」

僕はふーぞくビンボー

35歳サラリーマンの風俗日誌

僕はふーぞくビンボー > ふうビンwiki > 赤線

「 ふうビンwiki 」

赤線

■赤線の用語解説

日本では公認で売春が行われていた時代があり、その地域のことを示す言葉として「赤線」と呼ばれていました。
1958年3月以前のことに限られ、法定外公共物としての里道の通称を赤道や赤線、赤地といいました。

対してそれ以外の地域で非公認で売春が行われていた地域を青線といい、青道、青地などとも呼ばれていました。

前借金で人身売買が行われていた時代はそれは多くの女性が売りに出されていて、幼いころから売春させられていた人もいます。
しかし売春防止法が制定されて完全施行の直前になると、赤線内のカフェを装っていた売春システムなどは一斉に廃業に追い込まれていきその後ばバーやスナック、ソープランドなどの風俗に転向していくようになります。

その後はさまざまな歴史をたどりながらも2000年以降には風俗としての営業が認められるようになり、特にデリバリーヘルスについては1999年以降は首都圏を中心として急速に加速していきます。
すでに赤線の意味を知る方も少なくなっており、隠語として扱われることもあるようです。
もちろん2000年以降は首都圏以外に各地での営業が始まり、多くのエリアで現代でも利用されるようになります。

日本3大風俗街などとしても知られるようになり、日本全国各地でピンからキリまでのデリバリーヘルスが営業するようになります。

地域

  1. 赤線

風俗の種類

  1. ヘルス
  2. イメクラ
  3. 性感エステ
  4. ソープランド
  5. 箱ヘル
  6. デリヘル

風俗用語

  1. 体験入店
  2. スケベ椅子

©かわさきでビンボーになる All Rights Reserved. /

サイトマップ