僕はふーぞくビンボー「 スケベ椅子 」

僕はふーぞくビンボー

35歳サラリーマンの風俗日誌

僕はふーぞくビンボー > ふうビンwiki > スケベ椅子

「 ふうビンwiki 」

スケベ椅子

■スケベ椅子の使い方

スケベ椅子は多くがソープランドなどの風俗で利用できるもので、ソープランドではプレイの1つに数えられることがあります。
具体的な使い方はシンプルで、男性客が椅子に座って、椅子部分の真ん中には貫通した形で穴があり、穴には女性が手を入れて男性の性感帯を刺激していきます。

男性がスケベ椅子に座った状態から見ると、男性と向かい合った女性が男性器の正面から手を入れるスタイルが多く、陰部全体から肛門付近まで楽に手が届くようになっています。

使用するときはソープやローションを使用することが多く、滑りの良い状態を作り丁寧に洗ったり撫でたり刺激をすることが大きなポイントで、丁寧に扱うほどに気持ちよさが倍増していくとも言われています。

■スケベ椅子は男女で使える

スケベ椅子は確かに風俗のアイテムの1つですが、男女で使うこともできます。
始めはスケベ椅子として男性を刺激していき、興奮させるために使用していても、男性の興奮が高まったタイミングで男女が交代して、女性が座ることもできます。

女性が座った場合も男性の時と同じように陰部や肛門付近を楽に刺激できるようになります。
いつもと違う雰囲気で刺激されると興奮も高まりますので、カップルならいつも以上の快楽を得られます。
男性のときと同じようにローションなどを使用すれば、滑りがよくなってさらにドキドキしたり、快感をえられます。

こうしたスケベ椅子は近年ではラブホテルに設置されていることも増えています。
そのため2人だけの空間でじっくりと楽しむこともできます。
ラブホテルならではのお楽しみにもなりますし、ローションをセットにして使用する場合によってはすっかり虜になるケースもあります。

地域

  1. 赤線

風俗の種類

  1. ヘルス
  2. イメクラ
  3. 性感エステ
  4. ソープランド
  5. 箱ヘル
  6. デリヘル

風俗用語

  1. 体験入店
  2. スケベ椅子

©かわさきでビンボーになる All Rights Reserved. /

サイトマップ