僕はふーぞくビンボー「 エロい内装のヘルスでパイずりされてきた 」

僕はふーぞくビンボー

35歳サラリーマンの風俗日誌

僕はふーぞくビンボー > ファッションヘルス > エロい内装のヘルスでパイずりされてきた

エロい内装のヘルスでパイずりされてきた

2017年04月8日 ファッションヘルス

友人と川崎の風俗街を闊歩しているとファッションヘルスの看板があったので、そのお店に入っていきました。受け付けでは見た目が少々怖そうな黒服の男性が立っていたのですが、友人が先に受付をするととても愛想の良い接客だったので、私もホッとひと安心できました。

友人が指名を終えて私も指名と料金を済ませ待機室の椅子に座って待ちました。店舗型風俗だけあってか混んでいて、暫く待ってからようやく友人と私の番号がほぼ同時に呼ばれたので、それぞれの個室に入っていきコンパニオンと顔を会わせました。

私は指名したのは少し太めのコンパニオンで年齢は25才でパイずりを得意としているらしいです。少々デブ専な私はそのポッチャリ具合には文句の付けようがないくらい満足いくものでした。待った甲斐があったと思わせるくらいの肉感だったので、得意技のパイずりには特に期待を寄せていました。

個室の内装はいかにもエロエロした雰囲気で私の興奮具合も一気に最高値まで上がっていきました。時間も時間なのでシャワーのみで体を洗ってサービスを受けさせてもらいました。ペッティングでは豊満な肉体が私の体に密着してきて全身を感じさせてくれるようでした。大きな胸もテカテカするぐらいに舐め回し、十分に満足できたので得意技であるパイずりをしてもらうことになりました。

重量感のある胸に挟まれた私のペニスはコンパニオンのパイずりでヌチャヌチャ音を立てながら動かされました。さすが得意技というだけあってか、遅漏である私を数分でいかせてくれました。

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

©かわさきでビンボーになる All Rights Reserved. /

サイトマップ